スティックタイプの水素水のメリットとデメリット

スティックタイプの水素水

水素水にはアルミパウチで市販されているものや、サーバー式などがありますが、あまり知られていないスティックタイプのものもあります。これにはマグネシウムと水の化学反応を利用して水素水を生成するタイプのものと、水素を含んだセラミックボールを使って水素水を作るタイプのものがあります。一般的なのはマグネシウムを用いたタイプです。使い方はとても簡単です。専用の容器(アルミボトルがおススメ)に水をいれて、その中に水素水を生成するスティックを入れるだけです。時間が経つとマグネシウムと水が化学反応を起こして水素を作るという仕組みです。

スティックタイプのメリット・デメリット

スティックタイプの水素水にはコスパが良いというメリットがあります。アルミパウチの水素水も、サーバーも、やはり普通の水と比較すると価格が高くなってしまいます。しかしスティックタイプは、安いものだと1,000円~というものもあります。高い商品だと10,000円を超すものもありますが、もし安いものを選ぶならアルミパウチやサーバーで水素水を飲むよりも断然安い価格で摂取できます。ですから続けやすいという面はとても魅力です。さらにスティックタイプですと、例えば旅行先などでも水素水を作ることができ、しかも作り立ての新鮮なものを飲むことができます。デメリットはというと、まれにお腹を下してしまう可能性があるということです。スティックタイプの水素水はマグネシウムを使用するため、水酸化マグネシウムというのが生成の過程で発生します。水酸化マグネシウムは便秘解消に役立つ働きをしてくれますが、摂りすぎるとお腹が緩くなってしまいます。ですから、赤ちゃんの飲用は勧められていません。水素水を飲んだことがないという人は安価なスティックタイプのものから始めて効果を試してみるのも良いかと思います。
水素水最新人気ランキング|効果なし?口コミを徹底調査!はこちら